Welcome to my blog

屋根工事

屋根の水切り板金の不具合

0
上の写真、、壁のし瓦 と 壁水切り板金の間に大きな隙間が空いてしまっています。
これでは台風などの横に吹き付ける雨は隙間から建物に侵入して雨漏りしてしまいます。
 
では何故こんな施工になってしまうのでしょうか ?

原因は のし瓦を施工する前に壁水切りを施工されてしまった
 

のではないかと思われます。

瓦葺き工事が遅れて着工し、壁工事が先に工事してしまうとこうなります。

他にも・・何かの理由で水切り木下地が瓦から浮いたまま取り付けられているのに
現場納まりを確認しないで寸法の合わない水切り板金を取り付けてしまった
・・かです。

こういう場合は既製品や既製品の寸法のものは使用できません。
この現場用に加工して用意する必要があります。
i1.jpg

今回は、隙間部分を採寸して既設の水切りをすくう形でもう一枚水切りを設置しました。

のし瓦一段分被る形にして雨水が侵入しないように施工させていただきました。
i2.jpg

スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply