Welcome to my blog

フジカケ通信

日々の活動や出来事などを 綴ってみたいと思ってます。

樋工事と瓦の漆喰工事です。

樋の掛け替えの工事をさせていただきました。因みに交換前はこんな感じです。どちらも隅の方がてり上がっているのがお解りになりますか?入母屋屋根という屋根の形です。 神社やお寺・お城の屋根の方がよくお解りかもしれませんね。樋もこの屋根に対応した形の役物(部品)が用意されています。一件の屋根で、多いところは十数種の部品を使用します。合わせて瓦の漆喰工事です。工事前の屋根はこんな感じ・・・ひびが入り割れていま...

お城?  のような門戸 銅板貼り工事

門戸の銅板貼りの工事をいただきました。 菱張りという方法です。一枚の銅板から一つ一つ切り出し・加工をして施工しています。大変で難しい仕事ですが、職人としてやりがいのある仕事です。時代劇に出て来そうな門構えです。...

カラーベスト(コロニアル)屋根改修工事

カラーベスト屋根の改修工事が終わりました。今回使用した屋根材は、IG工業のスーパーガルテクトです。断熱・高耐久の屋根材となっています。 アスベスト未使用のカラーベストですが撤去せず重ねて施工しています。見た目にも高級感があります。2階屋根から1階屋根を望むお問い合わせは当社まで、お願いします。e-mail : fujikake@juno.ocn.ne.jp...

ドローンで撮影してみました。

新しいドローンが来ました。以前よりも安定して画像もよくなりました。写真は、カラーベスト屋根を板金カバー施工した屋根です。普段見ないような所から撮影出来てとても喜んで頂けます。改修前の屋根診断も出来ます。とても登れない屋根の点検もさせていただいています。お心当たりありましたら、どうぞお申しつけください。...

屋根の水切り板金の不具合

上の写真、、壁のし瓦 と 壁水切り板金の間に大きな隙間が空いてしまっています。これでは台風などの横に吹き付ける雨は隙間から建物に侵入して雨漏りしてしまいます。 では何故こんな施工になってしまうのでしょうか ? 原因は のし瓦を施工する前に壁水切りを施工されてしまった のではないかと思われます。瓦葺き工事が遅れて着工し、壁工事が先に工事してしまうとこうなります。他にも・・何かの理由で水切り木下地が瓦か...